2006年08月23日

追記:ペットと飛行機、危険性

さっきから日記を書こうと思うのですが、
書きたいことはあるのになかなかまとまらず・・
涙と鼻水ばかりがしたたってます。


この夏、飛行機で熱中症になり、亡くなってしまったビスコ君。
2歳を迎える直前に、天に召されてしまったのです。
フレンチブルドッグ・ビスコの日記



全然面識のない方なのですが、
うちの犬が飛行機で帰ってきた数日後の出来事で
他人事とは思えず悔しい思いでいっぱいです。




――


ビスコ君が利用したのはJALだったそうです。
上の日記を読むと分かりますが、自分が思っていたものとは
だいぶん違う待遇だったことがわかります。


今まで、説明を聞いても貨物室が暑くなる可能性があることなど
一切言われていません、「空調は客室と同じです」と聞いていただけです。
今までどちらかというと、気温は安心していて、その気圧の変化や
モーターの近くなので音が心配でした。
だから熱中症で亡くなったのは本当にショックでです。


日記によると、搭乗してから離陸までの時間(通常15分ほど)が
暑くなる可能性があるという説明だったそうです。
しかも、ビスコ君のみでなく、他の日にも暑さが理由で
亡くなった子がいたみたいで…悔しくてなりません。
それなのに対応を変えない航空会社ってどうなってるのでしょう。



JALにはペットとおでかけサービスというのがあります。
いかにも親身になっている、といったような書き方です。
(↓クリックで拡大表示↓)
082201.gif

直前までカウンターにいたとしても、
その後どんな対応で貨物室に乗るのでしょうか。
JALのHPにはどんな所に乗ってどんな対応で、というのが
書いてありません。


その点からするとANAのホームページのほうがわかりやすいです。
ANAにもペットとらくのりサービスというのがあります。
ページ内には、預ける流れの説明やアニメ、Q&Aなどがあります。


こちらの説明だけ見ればよさそうですが、搭乗から離陸までにやはり暑くなるのであれば、JALと同じことです。



JALのHP内で、同乗せず、ペットだけを輸送する説明のページ
こんな記載がありました。(いつから掲載されてるのかは不明)
(↓クリックで拡大表示↓)
082202.gif


↑こういうリスクはもっと分かりやすい所に書け!
最近書かれたのか…?


それにしても「環境保全には万全を期してる」割りには
「衰弱事例が多く報告」があるっていうのはどういうことだexclamation×2
全然万全じゃあないだろうがexclamation×2ヾ(*`Д´*)ノ
見直せ!!ちゃんと!ヴォケ!!!






今月、私が帰省時利用したのはANAですが、
行きは夜の便とはいえ、それでも暑い思いをしていたかもしれません。
そして空港から降りてすぐ、熱帯夜の中カートに詰め込んで
2時間の電車移動は犬にとって、ものすごい負担で地獄だったと
思います。そしてすぐ予定入れて・・自己中だったな、、と反省。


さらに帰りの便は台風のためにまず搭乗が遅れ、搭乗してからも
離陸までにずいぶん時間がかかりました。
もう少し早い時間(昼)の便だったら危なかったと思います。



ビスコ君のこの件で、改めて考えされられました。
ビスコ君の死を無駄にしないためにも、航空会社側も対応を見直して
変わって欲しい!
今回飛行機で帰るとき、私自身も犬を命としてみてくれてない
手荒い対応にがっかりしたのですが、実際に命が亡くなっている
現状がすぐ身近にあると思うと、激しい憤りを感じます。


ペットブームでこぞってマイルやポイント、スタンプのサービスを
ひけらかす前にもっと根本的にきちんとした対応をして欲しいです。
命は戻ってこないし、悔やんでも悔やみきれません。


好き勝手なことを書きましたが、今の正直な気持ちです。


最後になりましたが、
飼い主さんは本当におつらいと思います。
どうかどうかご自分を責めないで下さい。
ビスコ君のご冥福を心よりお祈りいたします。



082101.jpg



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



ニックネーム kura at 01:51| Comment(35) | TrackBack(1) | LOOK!(迷子、よびかけ他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うんうん。これね昨日kuraっちのコメントで見たの。。
楽しいはずの旅行がこんなことになるなんて・・。
飛行機会社ももっと説明があってもよかったのでは?と悔やまれてなりません。
私も温度は客室と一緒だとかいうことしか聞いた事がなかったので本当にびっくりしました。
少しでも多くの人がこのことをしってくれるといいね。
このブログを見て泣いていたらぐりが走ってきてなぐさめてくれました。。
うまく言えないけど、この子達を守ってあげたいと心から思いました。
どうかビスコ君の死が無駄になりませんように・・・。
Posted by yuki at 2006年08月22日 08:58
仕事中に読んじゃって・・・涙が出そうです。
そういうことがあるって知らなかった。
今回はとても悲しい結果だったけど、これからこの記事を読んで沢山の人が気をつけるでしょう。
やっぱり真夏の長旅は、鼻ぺチャにとっては辛いのかもしれないよね。
ガルフだってハァハァすごいんだからさ!
太陽君もたまこちゃんも無事に帰ってこれてホント良かったね。
Posted by じゅんこ at 2006年08月22日 09:35
なんて言ったらいいのか、悲しい出来事だよね。
私も実はボスコとチロルを連れて飛行機に乗る計画があるんだけど。
その時に各航空会社のHPでいろいろ見たのね。
そしたらクラっちも書いたと思うけど、万が一ペットに何かあっても飛行機会社は責任を負いませんとか書いてる書類にサインしなくちゃいけないのさ。
私それ見てなんで?って思った。
yukiっぺが書いてるようにワンコが居る貨物室は客室と同じ温度とか書いてたのにさ、結局荷物としか思ってないんだよね。
真夏じゃなくても飛行機に乗せるのが怖いよ。
1日に1便、2便でもいいから客室にワンコも一緒に入れる飛行機を作って欲しい。
そしてもうこういう悲しいことが起こらないようにしてほしいね。
ビスコくんのご冥福、心からお祈りします。
Posted by まーこ at 2006年08月22日 10:08
なんだかびっくりしちゃいました。
まさかこんなあつかいを受けてるなんて・・・
旅行で飛行機に乗ったよとかってよく見かけるので
安易な気持ちで飛行機に乗ってKuraさん達の居る福岡や
北海道のボストンちゃんに会いにいけたらなーなんて
考えてたのに・・・
今回、太陽兄さんやたまこちゃんは無事帰還する事が出来て
本当に良かったと思います。
これから先、旅行に行くことなどを考えて
航空会社の対応がもう少しでも良くなることを望んでやみません。
ビスコくんが天国で楽しく暮らせることをお祈りします。
Posted by at 2006年08月22日 17:49
今回の飛行機、危険性のブログをみて初めて書き込みします。私もフレンチブルを飼っていますし、こよなく愛しています。ビスコのブログを読み私も泣きました。これから第二のビスコをださない為に…。私は某飛行場の免税店で働いています。そこでJALの貨物で働いていた人に以前聞いた事があることを書きます。動物を貨物で預かる時に、炎天下でも平気で置いておくこと。動物が水や食べ物を欲しがっても決して与えないこと、それはトイレの処理もあると思いますが…。見ていて悲しくなったと聞きました。貨物の中にも色々な仕事があるので、その人にはどうすることもできないのです。本当にヒドイと思いました。私もビスコの冥福を祈っています。
Posted by あずき at 2006年08月22日 18:47
元気だった子が飛行機から降りてきたらグッタリしてたなんてショックだよね。
また亡くなったなんて、飼い主さんの気持ちを考えると泣かずにはいられません。
私の弟(JAL勤務)いわく、犬が飛行機で亡くなることは珍しいことではないそうです。
弟嫁はグランドホステスをしてましたが、彼女も同じことを言ってました。
犬を好きな人ばかりが勤務しているわけではないからね。
飛行機の貨物室まで飼い主が着いて行けるなどの配慮があってもよさそうだけどね。
それなりのお金も払ってるんだし。
大切な命を預かってるんだという意識が足りない。
誓約書みたいなの書かせてそれで安心してるのって無責任すぎるよ。
絶対に許せない。人間の命だけ守ればいいってもんじゃないもん。
太陽君とたまちゃんも気をつけてね。
ビスコ君が今天国で幸せでありますように・・・
Posted by hiromi at 2006年08月23日 00:31
ビスコ君..一人で、暑くて、苦しくて..って思ったら、涙が止まらない。
きちんとした対応をしてくれないんだったら、ペットを乗せるなんて言ってほしくない。
乗せるほうは、きっと人間と同じくらい大切に預かってもらえるって信じてるんだから。
そうできないんだったら、ペット禁止でいいじゃんか。
どこに怒りをぶつけたらいいのかわからないけど。。
腹が立つし、悲しすぎる。
ビスコ君、苦しさから解放されて、お空から家族のこと見守っていてくれるかな。
ご冥福をお祈りします。
Posted by miya at 2006年08月23日 01:29
kuraどん、こんばんみ☆
タラコへの、お祝いコメントありがとう☆:*(人´ω`*)

うん、読んだよ日記…
正直なんて言っていいのかわからない。
完璧に航空会社のせいだけとは、言えないし。
もちろん私達、飼い主だけの責任でもないと思う。

ただ、お互いの配慮や「万が一」を予測した行動が必要だと思う。どちらが欠けてもワンコにとっては辛いと思う。

今回のことで、飼い主の意識・航空会社の意識ともに
少しでも変わってくれることを願うばかりです。
ビスコくんの死を、ムダにしないでほしい。

なんか思ったことそのまま書いちゃったけど、もし不快に思われる方がいたら気にせず削除お願いします。
Posted by ツルっぺ at 2006年08月23日 02:23
再びカキコ。
なんかさ、ペットの輸送の文面のフレブルとミニチュアダックスってさ、ビスコくんと他に亡くなったワンコの事なんじゃないのかな?違うかな?
上辺だけ「ちゃんとしてます」みたいな感じで適当にやるのはやめて欲しいよね。
飼い主にとってワンコがどれだけ大切な存在なのか、命がどれだけ大切なものか、ちゃんと理解した上でペットの輸送をして欲しい。
今のペットブームに便乗しただけなのかもしれないけど、それじゃ駄目なんだよ。
ビスコくんの死は私たちに色んな事を教えてくれたと思う。
この死を無駄にしてはいけないね。
Posted by まーこ at 2006年08月23日 09:43
kuraさん、こんにちは。はじめまして。。
ず〜っと以前から拝見させていただいておりましたが、コメントをさせていただく勇気も無くておりました・・・(汗)
私もつい最近迄九州帰省旅行をして、犬(フレブル)との旅行の反省をしたばかりで、この記事を拝見してビックリしてしまいました。他人事とはどうしても思えません。でも、知っておかなければいけない事実だと思います。こうして、ブログに載せていただいてビスコ君には申し分けないのですが、私は良かったなぁと思っています。
”ビスコ君のご冥福を心からお祈りするとともに、ビスコ君、同じ苦しみ、悲しみを繰り返さないように天国より見守っていてくださいね。”
せっかくはじめてコメントさせていただくのに、自分本位的な内容を書き込んでしまって、本当に申し訳ありません。
ただ、素直な感想をいれさせていただきました・・
Posted by あやぞぅ at 2006年08月23日 09:47
飛行機でこんな事故があるなんて全然しらなかった私。
旦那も「え?客室と同じ気温なんやろ?」ってビックリ。
いくら貨物室にのせちゃうとはいえ、きちんとそれだけのお金もはらってお願いしてるのに。。。
こういうのはもっとだいだい的に問題にするべきだよね。
そうしないと繰り返されるし。
Posted by アッコ at 2006年08月23日 12:20
はじめまして。ゆうこさんのブログでkuraさんの記事の事を知ってこちらにきました。
つい2週間程前、我が家のワンコを飛行機に乗せて旅行をしたので、
人事と思えずコメントしました。
心配はしていましたが、きっと大丈夫だろうと結構安易な気持ちで
預けていたかもしれません。
でも、書類へのサイン、担当者の扱いには首を傾げたくなる事もたくさんありました。
貨物室に私が一緒に乗りたい気持ちでした。
ビスコ君、辛かったでしょうね。
そしてご家族の気持ちを考えると、胸がつぶれる思いです。
こんな形で突然さよならだなんて。
この事で、もっと皆の意識が高くなって良い方向に改善されることを願うばかりです。
ビスコ君の死が無駄にならないためにも。
まとまりのない文ですみません。
Posted by ハルママ at 2006年08月23日 12:22
うーん。。。考えました。。。
私はつるっぺちゃんの考え方と似てるかな。
私は小さい頃からうさぎやフェレットに始まり、犬猫。
いろんな生き物と暮らしてきて、後悔したことも多いのね。決して褒められることばかりしてきた訳じゃない。
そうやって経験を積んで上手に育てることが出来るようになるのだけれど、「経験」で済まされる生き物は
たまらないよね。



Posted by いしい at 2006年08月23日 16:59
kuraちゃん、こんにちは!
かなり信じがたい話だったので、ショックを受けました・・・。
我が家はエリ蔵連れでの飛行機の移動は経験無いけど、
ワンコと行動を共にしたいと考えてる多くの人に知って欲しいと思いました。
ちなみに、海外は飛行機1機つき1頭だけ機内持込OKなんだけど、
国内もいつかそうなって欲しいよね・・・。


Posted by エリン・マ at 2006年08月23日 17:16
トラックバックさせてもらいました。
心が張り裂ける気持ちになりました。ご家族の事を考えると悔しくて仕方がありません。
航空会社も意識を変えるべきだとおもいますが、私たち飼い主の意識も変えていかなくてはいけませんね。
ビスコ君のことは本当に残念でした。しかし、彼にこの事実を教えてもらったような気がします。。。 
Posted by audrey44 at 2006年08月23日 23:33
ご無沙汰してます。以前何かの雑誌で飛行機で大型犬を(たしか海外から)送り着いた時点でなくなっていたっていうのを読みました。その時は犬を飛行機で送ることなんてまずない!と思っていましたが、10月頃に俵太の息子を姉の引越しで東京に送る予定なんですがかなり恐いです・・・
飛行機会社からは「よくある事」みたいに思っている対応はヒドイと思います。
ポイントや割引なんかより高くてもいいから安全を一番に考えてほしいです!
ビスコ君の死が無駄になりませんように・・・
Posted by ハル at 2006年08月24日 00:02
ご無沙汰しております。
考えちゃうよね…特にこの時期の飛行機。。。
家のワンズは24時間飛行機に乗って来日したけど(搭乗前をあわせると30時間強バリの中)成田に到着して再会した時ワンズの恐怖に凍りついた表情は今でも忘れないよ。
時期的には春だったから気温は安定している頃だったけど飛行機の貨物室の温度はかなり温度差があったと思う。おまけに途中で給油するために着陸、人間は機外に出るけどワンは貨物室の中。油の臭い…水だけは入れられたけど飛行機の揺れか?バリの中で犬が暴れたのか?バリの扉につけたはずのボトルはすっ飛んでいてバリの中は水浸し(涙)恐怖のせいか成田の検疫受付に到着してバリを出るまでンコもシッコもしませんでした(涙)この状況の中よく頑張ってくれたよね。
今だから言えることだけど正直言って飛行機に乗せることは賭けだった。。。途中で力尽きてしまったワンコやニャンコの話をたくさん聞いていたからね。
苦しんだワンちゃんや飼い主さんの気持ちを考えるととても辛いけど皆さんの意識を高め何より動物の気持ちになって考えてほしいものです。
Posted by MIKI at 2006年08月24日 01:26
■yukiっち
そうそう私もねコメント欄で教えてもらって知ったよ。。
で、ああこれは乗せなきゃいけないと思って飼い主さんに
メールで報告して載せました。
こういうことって今まであったのかもしれないけど
表立ってなかったから知らなかったよね!
太陽も生後6ヶ月の時から飛行機に乗ってるけど
預ける時に何度聞いても、空調のことしか言われなかった
気がするよ。。。しかもその空調で今回のことに
なってるとするならば、どこも安全じゃないよね。
安心させる言葉もいいけど、どちらかというと
気をつけてるべきこと、こうならないための予防策を言ってくれないと困るよね!利用する側は内部のこと何も分からないんだから。
気をつけようがないじゃん、、




■じゅんこちん
私も涙が止まらなかった。。。
飼い主さんが、そしてなによりビスコ君がどんなに辛かったか考えると悔しくて悔しくて・・・。
今まで、ペットと飛行機での旅行について検索しても
国内線は時間が短いから比較的安全としかどこも出なかったんだよね。。国際線の注意ばかりで。
今こうやって見ると、犬がなくなることも珍しいことで
はないようで・・
それが全く表に出てなかったってことだよね。。
それに甘んじてる航空会社ってものすごいずさんじゃない?
ものすごく悔しいよ。。
Posted by kura at 2006年08月24日 01:47
■まーこっこ
署名、納得いかないね、結局書名さえさせれば
自分たちに何の責任もないなんて考えが見え隠れしてるみたいで好きじゃない。結局主導権を握ってるのは航空会社で、客はそれに従うしかないんだよね。
表向きは「大切にお預かりします★」みたいなことをいっておい実際の扱いはひどいものだなんて、ペットは集客のために利用されてるだけっぽく感じてきたよ。ひねくれてんのかもしれないけど。
ここに書いてあるコメントを読むだけでも、ペットたちが
こういう目に会うのがビスコ君が初めてでなく、また珍しいことでもないことが分かったよ。。誰かが声を上げないと、誰かがこういう目に会わないと広まらないというのは本当に悲しい世の中だよね。
まーこも飛行機利用するなら気をつけてね!って気をつけようがない気もするが・・・



■桜さん
安易な気持ちで乗せてもいいように、航空会社自体がそうしむけてると思いますよ〜どう考えても。
ペット用のサービスまで始めたら、ペットも安心して預けられると思うのが普通だと思います。そもそもペットと
同乗するのに何の危険性も書いてないですもんね。
本当に、このお盆の時期無事に行き帰りできたことは
「普通」のことではなく「運がよかった」としか考えられないような待遇ですよね。いつか、人間が飛行機で旅するようにペットも「普通」に旅が出来るようになったらいいなーと思います。ビスコ君は悲しい運命をたどってしまったけど
これを表書きに残してくれた飼い主さんが起こした行動が広がって航空会社の対応改善につながってくれたらいいですね
Posted by kura at 2006年08月24日 02:18
■あずきさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
あずきさんもハナペチャさんを飼われているのですね。
今回のこと、本当に悲しくショックな出来事でしたね
私も、このブログに書き込んでくれた人がいなかったら
もしくは、ビスコ君の飼い主さんが日記にしてくれて
いなかったら、知らずに過ごしていたと思います。
これが現状・・・すごく悲しいですね。
あずきさんが聞いたお話、まさに現実の話なんでしょうね
ペットに関するサービスは、結局は会社側の利益につながる
ように表向きのものであって、実際に扱われる動物は
話せる訳でもないし、自分の家族でもない。文句も言わない
どう扱っても表には出ないんですものね。その場の仕事の
忙しさで、ペットの扱いまで気が回らないかもしれないし
動物自体を嫌う人もいますもんね、、
教えてくださってありがとうございました。
結局は動物と飛行機に乗ることが飼い主のエゴといわれれば
それまでだけど、やむを得ず乗る人もいるわけだから
やっぱり安心できる対応をして欲しいです。
いつか、根本的な考え方から改善されて、ペットと安心して
移動ができる飛行機ができたら・・と願っています。





■hiromiさん
私もいつも預ける時は本当に不安だけど、
それはどちらかというと振動(揺れ)や音に対するものだった。でも出てきてみたら熱中症でぐったりって、本当に予想できなかったと思う。
犬が国内線でもこれだけ危険だったなんて全く知らなかった。そして、これが珍しいことではないなんてどうして今まで表に出てなかったのか、本当悔しくてならないよ。
航空会社ももっと現実を知らせてほしい。(って自社にとってはマイナスになるだけだからするわけないか。)
確かに動物キライな人もいるとおもうけど、対応のマニュアルがあればそれに従うだろうに。私はいっそのこと共倒れしてもいいから貨物室にペットと一緒に乗りたいよ。泣
そのくらい飼い主にとっては大事なのにね、(´;ω;`)
Posted by kura at 2006年08月24日 02:37
■miyaちゃん
ほんとほんと、ちゃんと対応できないんだったら、
警告してほしいし、許可してほしくない。ビスコ君、一人でつらかったことを思うといたたまれないね。そして飼い主さんたちはきっと自分たちが悪くない所まで悔いているだろうからそれがまた辛いです。飼い主たちの意識向上もあるだろうけどサービスする側がなにも不安材料を提示しなかったら
自分たち人間と同様に安全なものだろうって考えて当然だよね。これからはもう少し考えなくちゃ。




■ツルっぺちゃん
ツルっぺちんだから今思ってることを書かせてもらうね。
飼い主が気をつけることって、具体的になんだろう?飼い主の意識をあげようにも、こういうことが表に出てなかった今までは何に気をつければよかったのかな。ペットと同乗することについて航空会社は温度について聞いてもなにも言ってくれないよ?「気温は客室と一緒ですから大丈夫ですよ」といわれるだけ。水をゲージにいれてもいいか聞いたら、酔ってしまうかもしれないから、と言われる。
今回知った空港での対応は、手荷物を運び出すまでは空調の近くにあったとしても、それを運び出すのは暑い外。そして荷物の最後にペットたちが入れられる間、暑いの中で動物たちは待ちぼうけ。さらに搭乗から離陸までの間、上昇したときに気温が下がることを想定して機内に温風を入れる・・
でもアイスノンを入れたとしても離陸してしまえば寒くなるり冷えすぎるよね。でもなくなってしまうよりはいいか、、
そもそもこんな待遇だってこと客は知らないのに、、、。
いかにも気軽にペットと旅できますっていうサービスを掲げてるし普通はそれを信用するんじゃないかな?どんなに万が一を想定して手を尽くしたって、愛犬がなくなってしまえば、飼い主は自分を責め続ける。自分が悪くなかったとしても。でも航空会社は何も不備はないというんだよ・・これで互いに責任があると言うのは私は納得が出来ないよ。。。
究極をいってしまえば飛行機に乗せないことなんだろうね・・。
でも飛行機利用しないとなるとうちの場合は車はないし、
新幹線はゲージ入れて基本10キロまでなんだよね。
まあ帰省に犬を連れて行くなって話か。(+д+i)
でもやむを得ず載せる場合だってあるよね。引越しとか。
それを全て一か八かの運任せって悲しくない?
とにもかくにもいい方向に行ってほしいと思います。
ダラダラごめんね。ツルっぺちゃんにというより、自分の中の疑問やモヤモヤを書かせてもらっちゃったよ、、スマン。
コメントありがとうね★(人´∀`)
Posted by kura at 2006年08月24日 03:08
■あやぞぅさん
はじめまして!コメントありがとうございます。
ブログにも乗せていただいてありがとうございました!
あとでゆっくりブログにお邪魔させてください★
あやぞぅさんのところは車で帰省だったのですね
大変でしたね、それでもやっぱりストレスがかかってしまったのですね。
私も今回飛行機で帰省をして、合間にゆっくりDAYをつくったけれど色々考えさせられることが多かったです。
飛行機や交通に関しては本当にやきもきすることが多く、
反省点が多々ありました。
ビスコ君の記事を読んで本当に他人事ではないと思ったし、
明日はわが身じゃないけど、亡くなったのがビスコ君でなく
うちの犬でもおかしくなかったと思います。
ビスコ君の飼い主さんが辛いのにこうやって日記に
残してくれたこと、本当にありがたいですね。
今回の件で、少しだけ航空会社の待遇も分かり、飼い主としてもっと意識を高めなくてはいけないと身のしまる思いです。
お互い実家が遠いもの同士、考えなくちゃですね。。(;ーωーA
あ、でもあやぞぅさんは車があるんですよね!^^
ああー私本当にどうしよう・・(*´Д`)=3ハァ・・・





■アッコちん
私も知らなかったよ〜〜〜〜〜(TДT*)
しかも、なくなるのが珍しくないと知ってたら
実家帰らなかったかも。知らぬは仏というやつか、、
今回は運がよかったけど私も考えなきゃと思ったよ。
というよりもっと航空会社にしっかりしてほしい!
一番辛いのは犠牲になったペットたちだもん!!
うえーんo(iДi)o





■ハルママさん
はじめまして!
ゆうこちんが日記を書いてくれていたのですね!
知りませんでした。コメントありがとうございます★
まさに同時期、私も実家帰省のために飛行にのりました。
>心配はしていましたが、きっと大丈夫だろうと結構安易な気持ちで預けていたかもしれません。
>書類へのサイン、担当者の扱いには首を傾げたくなる事もたくさんありました。
>貨物室に私が一緒に乗りたい気持ちでした。
全く、全くもって同じ気持ちです。できることなら貨物室で一緒にいたいし、窓口の対応はガッカリさせられましたし、
心配で不安でしたけど、命に関わることの心配はしていませんでした。
ビスコ君がゲージで連れて行かれる様子や、飼い主さんが見送り、手荷物場で対面した時の様子がリアルに想像がつくために自分のことのようにいてもたってもいられなくって、日記に書きました。
これから、よい方向に行くといいですね。
もう夏は飛行機のせようとは思いません。
Posted by kura at 2006年08月24日 03:26
■いしいさん
そうやって経験しないと、うまくならないのでしょうか。
誰かが犠牲にならないと、うまくいかないものなのでしょうか。
何かがうまくいくためには、誰かが犠牲にならなくてはいけないのでしょか・・・
この飛行機の場合、ある程度予想はつくのではないでしょうか。しかもビスコ君が始めての犠牲なわけではないのに。。
一番辛い思いをしているのは動物。。・゚゚・(>д<;)・゚゚・。
動物実験と少し似てますね。
すでに犠牲を何匹も出している航空会社が、
警告を提示しないで集客サービスばかりをするのって
飼い主側というより、会社側の怠慢だと私は思うのです。
人それぞれの考えがあると思いますけどね・・




■エリンマさん
こういう現状を知った以上、気軽に旅行っていう感じでは
なくなりますねー。現実をしらなすぎた・・・
機内で一緒にいられたらいいのにな〜
もしくは自分が貨物室に行きたい。
いつでも対応できるように見ていたい。
もう悲しい動物たちを見るのはごめんだ。
どうにか航空会社の人に対策をお願いしたいものです。




■audrey44さん
あまりにも私たちはしらなすぎましたね。
というより航空会社の現状が閉鎖的で周りに知られることが
なかったからでしょうね。本当はこういうリスクがあることをもっと警告して欲しいと思います。
多くの人に現状をまず知ってもらえたら、飼い主側の意識も
変わりますよね・・
この1件で私も内情を知ることができました。
私もしっかり考えて行きたいと思います
Posted by kura at 2006年08月24日 03:41
■ハルさん
国際便は時間が長いのでさらにリスクがありますよね。
国際便での犬の負担については、ネットでも出てくると思います。ただ国内線については、私が今まで飛行機乗る前に
調べた経験上では(結構前だけど)殆ど触れられることが
なかったように思います。
今回のビスコ君そして飼い主さんが日記に残してくれたことがきっかけで、その対応やリスクについて、少し知ることができました。国際便よりは負担はないものの、やはり貨物扱いであって人間とは違うことや、犬への負担が結構あることをもっと自覚しないといけませんね。
この一件から波が出来て、かわいそうな動物たちが少しでも減りますように・・




■MIKIさん
お久しぶりです。コメントありがとうございます
そうですよねアルトン兄弟は海外から飛行機でやってきたんですもんね。国内より数倍リスクがありますよね。
良くぞ頑張ってくれました、アルトン兄弟!
24時間も乗っていたなんて・・しかも乗りっぱなし・・
少し外の空気に当たりに外に出られるのかと思ってました。
やっぱり飛行機はワンコにとって恐怖以外のなにものでもないんですね。引越しで致し方ないとは言え、ほんとうに頑張ったんだねアルトン兄弟。そしてMIKIさんも相当気をもんだでしょう?お疲れ様でした。
30時間もバリケン内でトイレもしないなんて・・・涙
海外に比べて国内線は安全だと思うけど、それでもこういうことは起きているんですよね。
私も考えなくてはと思いました。特に夏はほんとうに
ハナペチャワンコにとってはきついですもんね。
夏の帰省は安心できる対応になるまでは避けようと思います

Posted by kura at 2006年08月24日 03:53
ありがとう(○´ェ`。)
kuraどんとは、こういった真剣な話が出来るのが嬉しい☆

返事、かなり長くなったきメールにしたょ☆
Posted by ツルっぺ at 2006年08月24日 06:31
■ツルっぺちゃん
ありがちょう〜!!ヾ(´∀`*)ノラブ★
そしておまぃさん夜更かしなのか?
早起きなのか???( ̄m ̄*)
Posted by kura at 2006年08月24日 08:51
とにかく驚きと憤りを感じます。
わかりやすい説明を、とかもそうかもですけど、とにかくなによりもペットに対する待遇を変えて欲しい。
出来れば色々問題もあるだろうけど客室の足下にキャリーを置かせて欲しい。
こんなんでは心配で飛行機なんて乗れないですよね!
私10月JALだ...往復......
こんな不安な気持ちで飛行機に乗れるのかなぁ...
なにか私たちが動く事で飛行機会社は変わってくれないのかなぁ?って思います。
Posted by えつこ at 2006年08月25日 07:41
■えつこさん
コメントありがとう〜〜本当に恐ろしいことだよね
今まで知らずに乗せてたのが、こんな状態だったのかと
思うと背筋がぞっとする!
10月JALだったんだね、ほんと気になるなら
考えた方がいいよ、もし何かあってからじゃ遅いから。。
客室に乗せられるようになるといいね。
ビンが限られていたとしても、安全を取りたい。
家族なんだもの。。。
Posted by kura at 2006年08月26日 22:52
はじめまして。今回ビスコちゃんの件で旅行をキャンセルしたものです。
キャンセルの際、JALの人に確認しましたが、注意書きはビスコちゃんの件が起こった後に書かれたものです。
さらに、いろいろすったもんだありまして、その話の中での情報によると、もう一件は2匹一緒のケージに入れていたそうです。(飼い主のせいみたいに言われたように聞こえました)そして、おでかけサービスは空調もちゃんとしているし、安全です、と、いいつつも、衰弱はするんです、と、言い切られました。
でもそれは、空港に車で何時間もかかるし、暑いから、ということで、JALでは関係ないって感じでした。
私は無知だったので、愛犬を危険にさらすところでした。(ダックスですが)
少しでも多くの人に死ってほしくて、コメントさせていただきました。
あと、大型犬も亡くなっているようです。8/31日に。しかも、早朝の便にしたそうですが。
Posted by ちょびはる at 2006年09月01日 16:07
■ちょびはるさん
初めましてコメントありがとうございます。
JALの人に色々聞いてくださったのですね。
ますます考えさせられます、ペットを飛行機にのせること。
逆に今まで何度も載せて平気だったのが不思議なくらい・・
確かにゲージ一つに対して一匹が基本で、
私も2匹一緒にゲージをお願いしたときに
「気圧で、興奮して傷つけあったとしても責任は持ちません」
と言われました。
そのビスコちゃんの次に亡くなった子達は何が原因で
なくなってしまったのでしょうね。
8/31日って最近ですね・・しかも早朝の便だったのに・・?
かわいそうに・・
大型犬さん&飼い主さんの気持ちを思うといたたまれません
そしたらこれってもう、飛行機に乗せるなと言ってるのも
同然ですよね。
気軽に「ペットとおでかけ」みたいな事言わないでほしい。
あんまりにも自分勝手に思えます。
私も11月にまた帰省するんです。
どうしようか考えています。
これからは慎重に考えていかなくてはいけませんね。
お知らせありがとうございました
Posted by kura at 2006年09月03日 09:22
お返事ありがとうございます。
以下のサイトにいろいろ出ていますので、よければ見てください。
電話で聞いたときには、ビスコちゃんのときに、他にも小型犬が二匹一緒に入っていてなくなったそうでした。
でも、それは、飼い主の方が目隠しのためにゲージにカバーをしていたそうで、そのせいっていう感じで言われました。
で、8/31は、以下の8/31の記事です。
http://living-with-dogs.com/
読んでくださりありがとうございました。
Posted by ちょびはる at 2006年09月04日 14:28
■ちょびはるさん
教えてくださったURL先に行ってみました。
この飛行機の日記を書いたあと、他にも書いてる方が
いるか検索した時に、みたことがあります。
その後、続報が沢山でていたのですね。
同じ飛行機で犬が1匹でなく他にも亡くなったというのは、
明らかに飛行機が暑かった、飛行機側が原因という感じがしますよね。
9/1の記事で、飛行機に乗る際に温湿度計をつけるというのがあって、機会があったら協力用と思いますが、なるべくもう飛行機は避けてとおりたいのがほんとのところです。。。
色々教えてくださってありがとうございました!
Posted by kura at 2006年09月05日 08:22
とても悲しいですね。
jalにお電話して、年間どのくらい亡くなっているか聞いてみましたら、統計をとっているわけではないので分からないと。。。
「記録されていないのですか?」と聞きましたら、はい、と。。。
記録しているが教えられない、ではなく、記録すらされていないということに大変驚きました。
動物は結局そういう扱いでしかないんですね。
Posted by バニラ at 2007年10月10日 11:35
はじめまして!
飛行機のペット同席について調べていたら、こちらの日記を
見つけました。うちは一才になるトイプードルを飼っていますが、
一緒に旅行をしたい場所は、沖縄や北海道など、渡航が必要な所
ばかりです。 でも色んな事件を知り絶対に飛行機には乗せません。人間の赤ちゃんを貨物室に乗せるようなもので
同席できないのは絶対にオカシイですし、こういった方はたくさん
いらっしゃることを、JALに何度か意見しています。

準備もまだしていませんが、署名運動もかんがえているくらいです。



Posted by 真実 at 2010年05月30日 14:32
■バニラさん

コメントに気づかずに、レスが大変遅れてしまったことを
お許しくださいm(_ _"m)ペコリ
電話でJALに聞かれたんですね、
統計も取ってないということは、重要視もしてなければ
珍しいことでもないってことになりますよねー!
なんだかこれだけペット大国だとか言ってる割に
華やかな所だけ注目されて、結局裏では軽視されてるという…
悲しいですね(´;ω;`)





■真実さん

コメントありがとうございますm(_ _"m)ペコリ
この日記は2006年に書いたものですが、
それから4年たつけど結局ほとんど進歩してないように思います。
(私が知らないだけかもしれませんが…)

飼い主たちが、行動を起こしてないからかもしれませんね
私も半分諦めていたのですが、反省しなくてはいけません。

うちも、2006年に飛行機に乗せて以降は、実家に帰ることも避け、
今年数年ぶりに帰省した際は新幹線にしました。
うちの2匹目が飛行機に乗せたら相当なストレスがかかったっぽいので。。
5〜6時間電車の中にいることも犬にはストレスだと思うけど、
死ぬことはないしそばにいられるのでやはり安心です。

なんだか究極の選択みたいですよね、
これだけペットを買ってる人がどんどん増えているのだから、
環境も進化してほしいものです。
Posted by kura at 2010年05月31日 10:18
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/424857
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

飛行機での旅
Excerpt: 太陽くんとたまちゃんの飼い主kuraさんのブログでの記事を先ほど読みました。 私もゼッタと一緒に飛行機に乗ったことがあります。 ですから、このような事が起こってしまったことが残念で仕方がありません。そ..
Weblog: Ciao! Zetta! ☆チャオ ! ゼッタ ! ☆
Tracked: 2006-08-23 23:19