2011年03月15日

災害時のメンタルケア

今日少しネットを回っているうちに目にとまったものがありました。
被災した方々から離れた所にいる私達。
きっと同じような気持ちの方が多いと思うので転載します。


---------------------------------------------------------------
【災害時のメンタルケア】は、
トラウマ療法であるソマティック・エクスペリエンスR(SE)の療法家(米国在住)から届いたサポートメールをSEプラクティショナーであり臨床心理士の藤原千枝子とSEトレーニーであり臨床心理士である牧野有可里がまとめたものである。


【災害時のメンタルケア】


◆1.今こそ自分自身のメンタルケアを。

今はまだ地震直後であり、だれでもアドレナリンが噴出している時です。こういう時
は何かをしたくてたまらなくなりますが、まずはその自分自身の感覚に意識を向けて
みましょう。細々意識してみることをトラッキングといいます。
自分自身に対するサポートを最初にしてください。

私たちが落ち着いているか、不安エネルギーをまき散らしているかによって、様々な
ことが違ってきます。

◆2. テレビの視聴には気をつけてください。*特にお子様、感受性の強い老若男女
の方々。

身体がだるくなったり、ボーッとしたり、涙が出てきたり、妙な罪悪感が湧いてきた
り、不安状態にある自分に気づいたら、即刻テレビを消すか、必要なニュース速報の
みが流れてくる全く違う番組にしてください。

テレビで繰り返し繰り返し流される悲惨な映像は、非常に強い吸引力を持ちます(と
かく最近のメディアは人々の不安をあおるのが特徴です)。

人によっては催眠にかけられたようにテレビの前から動けなくなる人もいるでしょ
う。

こうした映像に何度も何度も自分をさらすことは、何の役にも立ちません。

***私たちが生きていく為に必要な情報が得られれば、それだけでいいのです!*
**

トラウマの渦の引っ張り込む力はとてもとても強力です。

サンフランシスコ大地震の時は、繰り返されるメディア報道が人々にもたらすネガ
ティブなインパクトは甚大だったといいます。


◆3. 今一番に必要なのは、身の安全を確保することです。
避難場所、食べ物、人々が安全かどうかをチェックすることが優先です。


◆4. そして非常時に最も大切なのは、人とのコミュニケーションです。
人を求めるのは、とてもとても自然なことです。

その時の自分の思いを言葉にして、所属するコミュニティでシェアしたり、身近な人
に伝えてみてください。
もちろん、手段はメールでも構いません。
「メールに書きながら落ち着いてきました。大丈夫です」とおっしゃる方、多いで
す。

(転載元 水の反映
---------------------------------------------------------------

自分たちのメンタルケアをしながら、できることをしていこう。

皆で共に生きていけるように協力し合おう

日本人ならではの助け合いの精神をみせていこう




ニックネーム kura at 00:05| Comment(5) | TrackBack(0) | LOOK!(迷子、よびかけ他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですね、ここ数日テレビから目を離せなくて
寝る時にいろいろ考えるせいか
涙が出てしまいます


報道のあり方にすごく疑問がわいてたので
クラさんの書いてることにすごく共感しました

家族の安否がわからない人に対して
「どんな気持ちですか?」って聞いて
泣いてる人をずっとupで撮り続け
それをずっとテレビで流し続ける無神経さに
自分の取り乱してる姿を流されたい人っていないと思うんです

<私たちが生きていく為に必要な情報が得られれば、それだけでいいのです

テレビに振り回されず
自分ができることを何よりも考えるべきですよね



この記事を私もupしていいですか?

Posted by nao at 2011年03月15日 13:35
私も情報整理しようと思いながらできず。
まさに、この通りですね。
地震後って本当に・・・情報に流されてしまって、ありえないことを考えたり感じたり。
まず、生きることですよね。
眠れなくてもとりあえず横になって目をつぶる。
しっかりごはんを食べておく。
あえて、好きな音楽や映像や趣味や・・・そういうものを目にいれ手に取る・・・。
直接の被災地でない人々は、「日常」をしっかりと営むのです。
働く、ちいさな命をケアする、家族をまもる、隣人を助ける。
その日常を守ることが、ひいては誰かの力になると信じてます。
Posted by 籐子 at 2011年03月15日 20:04
■naoちゃん

転載もとの方が広めてもいいとおっしゃっているので
もちろん良いと思いますよー

インタビューとか聞いてるほうが切なくて
カメラも涙を撮ろうと必死だよね
涙が出てると必ずクローズアップ、みたいな。

インタビューも傷をえぐる感じでやりきれない。

私も一度テレビやネットをつけて状況を知り始めたら
その前から離れられなくなっちゃう。
ちゃんとリセットして自分の現実の状況を理解しなきゃ。
とはおもうんだけどね。



■籐子さん

やっぱりみんな同じ状態になってしまうんですね。
そうそう、まず五体満足、普通に日常生活送れる環境にあるのだから
ちゃんと生活しなくちゃですよね
これからの日本のためにも。
Posted by kura at 2011年03月16日 18:17
お久しぶりです。
kuraさんが載せてくれたこの記事、読んでよかった!!
この1週間の私ときたら、情けないことに完全に
「不安エネルギー」の塊で、
自分でもどうしよーもなかったんで。(^_^;)
ラミロちゃんとこのタエさんからも学んで、
最近はテレビ付けずに、ラジオ聞いてます。(*^_^*)
こういう時こそ、普段通り過ごさなきゃですね!
Posted by むぎずんはは at 2011年03月18日 10:57
■むぎずんははさん

レスが大変遅くなってごめんなさい!!
この日記がお役にたてたならよかったです☆彡

私も不安エネルギーの塊になりがちですが
なるべく普通を心がけてますよー^^
Posted by kura at 2011年04月08日 20:01
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2591866
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック